First-aid measures

水周りの応急措置

水を止めるために、止水栓を閉めましょう!

まずは止水栓の位置を確認します

【様式トイレの場合】
【洗面台・蛇口の場合】

マイナスドライバーや専用の開閉具で、右回り(時計回り)に回して水を止めます

止水栓の位置が分からない場合や、硬くて回らない場合は元栓を止めます

戸建て住宅の場合は、宅地内出入口付近の地面に、集合住宅の場合は、玄関横のパイプシャフト内にあります。 右(時計まわり)にまわすと閉まり、左にまわすと開きます。水道メーターの近くについていますが、場所をあらかじめ確認しておきましょう。

止水後は、水道局または地元組合へ連絡し修理を依頼しましょう!

〇千円~格安で修理しますと謳っているTVCMやマグネット広告等で修理業者に依頼し、高額請求されるトラブルに合われている方が急増しています。夜間や休日等の場合でも応急措置で止水し、営業時間内に水道局または地元組合に連絡し、修理を依頼して下さい。 また、無料や低価格での排水管清掃や点検などの勧誘にもご注意ください!

指定工事店だからといって安心できません。地元組合所属企業にお任せください --- クリック ---